エンディングノート作成支援

エンディングノートとは

自分に万が一のことがあったときのために書き残しておくノートです。

  • 「お葬式はこんな風にしてほしい」 「ただ延命のためだけには生きたくない」
  • 「介護が必要になったり、寝たきりになったときには、こうしてほしい」
  • 「妻や夫・子供に伝えておきたいこと」 「遺言について」など

直接、伝えにくい事柄もノート形式にしておくとことで、確実に伝えることができます。
 

ひとことアドバイス

エンディングノートに書き残したものは民法上の遺言ではありません。
遺言は遺言、エンディングノートはエンディングノートと分けて作成することをお勧めします。
 

みのり相続遺言相談室

「おひとりさま高齢者の老後」の安心のために! ●安心 エンディングノートに書き留めることにより不安に思っていることに向き合い、その不安を解消することができます。 ●経済的メリット 葬儀・お墓等についてあらかじめ検討しておくことで、いざというときに、余計な費用をかけずに済ますことも可能です。 ●元気 自分の死について考えることは暗い気持ちになりイヤだと思いがちですが、逆です!「これからの人生を楽しむぞ!」と元気が出ます。 ●宝物 あなたからのエンディングノートを受けとった家族の方や知人にとっても、かけがえのない宝物になります。

 

エンディングノートの内容とは

第1章 わたしの足あと

・本籍・おいたち・学歴・職歴・趣味などを書きます。
 

第2章 もしもわたしが病気になったら

・介護/看護について、わたしの希望
・後見について、わたしの希望
・終末期の医療や死後についてのわたしの希望
 (延命治療/病名や余命の告知/臓器提供や献体)
・知っておいてほしい我が家の歴史 行事
 ご先祖 親族のご命日
 

ひとことアドバイス

臓器提供や献体は本人の希望だけではできません。
ご家族の同意が必要です。元気なうちに、ご家族と十分話し合っておきましょう。
 

第3章 もしもわたしが亡くなったら

・葬儀の様式 規模 喪主などわたしの希望
・お墓 納骨についてのわたしの希望
・供養 仏壇についてのわたしの希望
・葬儀の生前予約の有無
・残されたペットの対策
 

第4章 遺言について

・遺言書の有無
・遺言書の保管場所
・遺言書作成の年月日
 

ひとことアドバイス

遺言では、法定相続とは異なる相続割合の設定
遺産分割の方法(たとえば、土地は○○へ、預金は□□へ相続させる等)、遺贈、子の認知などができます。
 

第5章 わたしの財産について

・預貯金・株式などの種類
・生命保険などの保険関係
・クレジットカードの種類
・権利関係(ゴルフ会員権・その他)
・土地・建物に関して
・税金関係
・負債
・形見分けの希望
 

みのり相続遺言相談室 オリジナルエンディングノートのご案内

みのり相続遺言相談室では、オリジナル・エンディングノートの作成をサポートいたします。
以下のような疑問をスムーズに解決します。
 

「遺言について記入する際に、ここに書いただけで有効なのだろうか?」
「エンディングノートは書いてみたが、
本当にわたしの希望はかなえられるのだろうか?」
「後見制度を利用したいがどうすれば?」

サポート料金プラン

オリジナル・エンディングノート+月2回 面談サポート 25,000円
オリジナル・エンディングノート+月4回もしくは月2回2ヶ月サポート 47,500円


相続・遺言のことは、みのり相続遺言相談室へ

onecoin6.PNG

手続名義変更相続税申告も任せて安心納得!みのり相続遺言相談室

トップへ戻る

相続まるわかりガイド(小冊子)の無料請求はこちら!

相続手続サポート料金 ●相続税サポート料金

事務所案内 ●メンバー紹介 ●アクセスマップ

当サイト を お気に入りに追加 する

copyright(C) 2010 みのり相続遺言相談室All Rights Reserved.