成年後見制度

成年後見制度の概要

認知症高齢者・知的障害者・精神障害者といった判断能力の十分ではない人(ここでは本人といいます)について本人の権利を守る援助者(「成年後見人」等)を選ぶことで、本人を法律的に支援する制度です。
 

どのような種類があるのでしょうか?

判断能力が不十分になる前に→任意後見制度

将来、判断能力が不十分となった場合に備えて、「誰に」・「どのような支援をしてもらうか」をあらかじめ契約により決めておく「任意後見制度」が利用できます。
 


 

任意後見制度を結ぶための費用の概算

・公正証書作成の基本手数料…11,000円
・登記嘱託手数料…1,400円
・法務局に納付する印紙代…4,000円
・その他(本人に交付する正本等の用紙代・登記嘱託書郵送用の切手)
 

任意後見制度の効力発生の時期



相続・遺言のことは、みのり相続遺言相談室へ

onecoin6.PNG

手続名義変更相続税申告も任せて安心納得!みのり相続遺言相談室

トップへ戻る

相続まるわかりガイド(小冊子)の無料請求はこちら!

相続手続サポート料金 ●相続税サポート料金

事務所案内 ●メンバー紹介 ●アクセスマップ

当サイト を お気に入りに追加 する

copyright(C) 2010 みのり相続遺言相談室All Rights Reserved.