相続税の申告

ここでは相続税の申告・納付について詳しく説明します。
相続税は原則、相続の開始を知った日から10ヶ月以内に提出しなければなりません。
相続税申告に必要な書類、延納・物納などの納付方法を参考になさって下さい。
 

相続税の申告・納付

相続税の申告は、相続の開始を知った日から10ヶ月以内に提出しなければなりません。 
申告書は、被相続人の死亡時の住所を所轄する税務署に提出します。
まずは相続税が発生するか否かを確認しましょう。 
 

相続税申告に必要な書類

相続税申告に必要となる書類は、相続する財産によって様々です。
どのような書類が必要になるのかを確認しましょう。
 

延納と物納

相続する財産が大きければ、相続税はその分多く課税されることになります。
相続税の納付は、現金で一括して納付することが原則になっています。
多額の税金が支払えない場合は、早めに延納または物納の手続きをとりましょう。


詳しくはこちら



相続・遺言のことは、みのり相続遺言相談室へ

onecoin6.PNG

手続名義変更相続税申告も任せて安心納得!みのり相続遺言相談室

トップへ戻る

相続まるわかりガイド(小冊子)の無料請求はこちら!

相続手続サポート料金 ●相続税サポート料金

事務所案内 ●メンバー紹介 ●アクセスマップ

当サイト を お気に入りに追加 する

copyright(C) 2010 みのり相続遺言相談室All Rights Reserved.