生命保険について

生命保険を上手に活用することは、相続税対策をおこなう上でとても有効な方法となります。

  1. 法定相続人1人に対して500万円まで非課税枠の活用
  2. 生命保険は、相続税の節税対策の他に納税資金対策・争族対策などにも活用できる
  3. 節税対策の中で上記1の活用はもちろんの事、次に挙げる契約形態もぜひ参考にしていただけたらと思います

【その1】子が父に生命保険を掛ければ一時所得

  • 契約者:子
  • 被保険者:父
  • 受取人:子

【その2】生命保険契約を相続財産より一時所得とした方が有利な場合

  • 相続人1人が受け取る財産額が、5,000万円を超える場合(目安)

【その3】毎月の保険料は、父から子へ贈与したお金で支払う

copyright(C) 2010 みのり相続遺言相談室All Rights Reserved.