生前贈与

生前贈与とは被相続人が死亡する前に相続人等に財産を渡すことで、相続税対策の一つとして行われることが多いです。
 
しかしながら、生前贈与の場合は相続税の代わりに税率が高い贈与税がかかりますので、さまざまな特例を上手に活用しながら行うこととなります。
ですから、相続に強い税理士に相談することが大切です。

では生前贈与を行う前にしっかりと理解を深めておきましょう。
 

生前贈与とは

生前贈与とは、被相続人が死亡する前に自分の財産を人に分け与える行為です。
これによって、相続税を節税することもできます。
ただし、注意点がいくつかありますので、事前に理解しておきましょう。 
 

暦年贈与と連年贈与

生前における相続税の節税は、暦年贈与や連年贈与が効果的です。
どのような特徴があるのかを、贈与する前にきちんと理解しておきましょう。

生前贈与の6つの非課税枠

生前贈与の非課税枠には、以下の6つがあります。
  1. 相続時精算課税の特例による非課税枠 2,500万円
  2. 110万円の基礎控除による非課税枠 110万円(毎年) ※1を利用した場合には、以降適用がなくなる。
  3. 夫婦間贈与の特例による非課税枠 2,000万円
  4. 教育資金の一括贈与による非課税枠 1,500万円
  5. 住宅取得資金の贈与による非課税枠 最大3,000万円 ※1と併用すれば5,500万円
  6. 結婚・子育て資金の一括贈与に係る贈与税の非課税枠 1,000万円


詳しくはこちら



相続・遺言のことは、みのり相続遺言相談室へ

onecoin6.PNG

手続名義変更相続税申告も任せて安心納得!みのり相続遺言相談室

トップへ戻る

相続まるわかりガイド(小冊子)の無料請求はこちら!

相続手続サポート料金 ●相続税サポート料金

事務所案内 ●メンバー紹介 ●アクセスマップ

当サイト を お気に入りに追加 する

copyright(C) 2010 みのり相続遺言相談室All Rights Reserved.