「遺言+信託」で思い通りの相続対策ができる

「誰に、どの財産を遺すか?」から「どのように財産を与えるか?」へ

信託とは、一定の財産の所有者が、その財産を信頼できる人に託し、一定の目的で管理や処分等をするようにお願いすることです。

5.PNG

信託の登場人物は、委託者・受託者・受益者という3人になります。
信託では、個人だけでなく、会社も3人の登場人物の1人になることができます。

また、信託銀行が受託者になる場合もありますが、個人の相続対策で利用する信託では、費用の問題も絡むため、3人の登場人物の役割を全て家族のメンバーだけで行う「家族内信託」の形をとるとよいでしょう。

家族内信託



詳しくはこちら



相続・遺言のことは、みのり相続遺言相談室へ

onecoin6.PNG

手続名義変更相続税申告も任せて安心納得!みのり相続遺言相談室

トップへ戻る

相続まるわかりガイド(小冊子)の無料請求はこちら!

相続手続サポート料金 ●相続税サポート料金

事務所案内 ●メンバー紹介 ●アクセスマップ

当サイト を お気に入りに追加 する

copyright(C) 2010 みのり相続遺言相談室All Rights Reserved.