相続の専門家とは?

相続が発生したら、相続のことを考えたとき、いったい誰に相談すればよいのでしょうか?
 
ここでは、どの専門家に相談するのが最もかしこい選択なのかを見ていきます。
 

各専門家の業務内容

行政書士はどのようなことを依頼することができるのでしょう。
行政書士の仕事のメインは許認可の申請で、相続においては遺言書作成サポート、遺産分割協議書の作成ですが、相続登記、相続税申告には携わることができません。
 
司法書士の主な業務は、相続不動産の名義変更(相続登記)です。
近年、相続に力を入れて遺言書作成をサポートしたり後見制度に詳しい司法書士が少しづつ増えてきましたが、まだまだ不動産の名義変更業務ばかりの事務所が多いのが現状です。
 
相続における税理士のメイン業務は、相続税の申告とそれに伴う調査です。
税理士は相続の相談相手として選ばれるケースが多いようですが、相続税申告は発生頻度が低いので頻繁に携わっているケースは少ないようです。
 
弁護士のメイン業務は、やはり訴訟、裁判などの争いごとです。
もめるようなケースは弁護士の専門領域になります。
 

みのり相続遺言相談室

以上のように、各士業には一長一短があります。また、相続の問題は、実に多岐分野に渡るものです。
 
みのり相続遺言相談室は、行政書士・税理士以外にも、司法書士・弁護士・土地家屋調査士ともネットワークのある相続専門集団ですから、豊かな知識・経験・実績でお客様の相続を全面的にバックアップいたします。


詳しくはこちら



相続・遺言のことは、みのり相続遺言相談室へ

onecoin6.PNG

手続名義変更相続税申告も任せて安心納得!みのり相続遺言相談室

トップへ戻る

相続まるわかりガイド(小冊子)の無料請求はこちら!

相続手続サポート料金 ●相続税サポート料金

事務所案内 ●メンバー紹介 ●アクセスマップ

当サイト を お気に入りに追加 する

copyright(C) 2010 みのり相続遺言相談室All Rights Reserved.